AMH値はどう見る?~最前線から知る不妊治療と卵巣予備能の最新知見~amh-info.jp

 

AMHに関するアンケート調査のご報告

調査目的:AMHの使用実態調査
調査期間:2016年1月初旬から2月末
調査対象:596の体外受精実施施設、および4,093の産科・婦人科のある病院やクリニック
調査方法:不妊治療・体外受精などの情報を専門に扱う情報誌「i-wishママになりたい」を配布の際にアンケート用紙を同封して配布いたしました。
               アンケート回答はFaxにて返信いただきました。
 回答数:全4,689施設のうち、123施設

株式会社シオン / 不妊治療情報センターfunin.info

質問1

不妊治療を実施されていますか?

件数割合患者数合計患者数平均患者数回答施設数グラフ1
不妊治療専門施設で実施4133%2477288528
婦人科の一部で実施6654%38127849
産科の一部で実施108%74155
実施していない65%---
合計123100%28657349110
質問2

生殖医療専門医資格者は何人いますか?

件数割合グラフ2
1~2人3932%
3~4人32%
5人以上22%
いない7964%
合計123100%
不妊治療専門施設件数割合グラフ2_1
1~2人2663%
3~4人25%
5人以上25%
いない1127%
合計41100%
婦人科件数割合グラフ2_2
1~2人1218%
3~4人12%
5人以上00%
いない5380%
合計66100%
産科件数割合グラフ2_3
1~2人110%
3~4人00%
5人以上00%
いない990%
合計10100%
実施していない施設件数割合グラフ2_4
1~2人00%
3~4人00%
5人以上00%
いない6100%
合計6100%

AMH測定について

質問3

AMHは、成人女性の卵巣において主に前胞状卵胞から多く分泌され、AMH値は卵巣に残された卵胞(卵子)の数を反映し、「卵巣予備能」の評価のひとつとして有用であると考えられていることをご存知ですか?

件数割合グラフ3
知っていて、有用と思う10686%
知っているが、有用と思わない1210%
知らなかった32%
わからない22%
その他00%
合計123100%
質問4

卵子の量はAMH値と概ね相関し、卵子の質は年齢に相関すると最近考えられていることをご存知ですか?

件数割合グラフ5
知っている11997%
知らなかった32%
わからない00%
その他11%
合計123100%
質問5

AMH値は月経周期による変動が少ないと報告されており、FSHの基礎値のように採血時期を選ぶ、という必要がなく使用されていることをご存知ですか?

件数割合グラフ4
知っている11089%
知らなかった108%
わからない32%
その他00%
合計123100%
質問6

妊娠を考えている女性のライフプラン設計の提案のために、AMHの測定(卵巣予備能の目安のひとつ)は役に立つと思いますか?

件数割合グラフ6
役に立つ8771%
役に立たない97%
わからない2319%
その他43%
合計123100%
質問7

AMH測定による卵巣予備能のチェックは、いつ行うのが最も適切な時期だと思いますか?

件数割合グラフ7
不妊と考えられる時4033%
子供がほしいと考えた時2521%
その他2017%
定期検診のオプションとして25歳と30歳で推奨1311%
結婚時(ブライダルチェック)97%
チェックを必要としない65%
2と3の両方43%
わからない43%
合計121100%

貴院におけるAMH検査の現状について

質問8

貴院では卵巣予備能の推測のためにAMH測定をしていますか?

件数割合グラフ9
測定している9073%
測定していない3024%
その他32%
合計123100%
質問9

AMH測定による卵巣予備能の推定により、患者にどのようなメリットを提供できていますか?(複数回答可)

件数この設問の回答施設数(92)に対する割合
適切な不妊治療方法の選択7278%
不妊治療を行う時期や期間の計画6065%
妊娠を考えている女性のライフプラン設計4448%
より高度な医療施設への紹介2325%
患者の治療費の負担軽減44%
その他44%
合計207225%
グラフ12
質問10

AMH検査実施により疾患を疑うケース、または疾患を疑ってAMH検査を実施するケースがあるかと存じます。どのような疾患に関連してAMHを測定しますか?(複数回答可)

件数この設問の回答施設数(90)に対する割合
早発閉経7179%
卵巣嚢胞手術歴がある場合5258%
多嚢胞性卵巣症候群5056%
チョコレート嚢胞2326%
その他89%
卵巣嚢胞78%
卵巣過剰刺激症候群67%
卵巣腫瘍の再発マーカー22%
わからない11%
合計220244%
グラフ15